合格体験談

自分が主役になれる予備校。少人数制の受験指導がここにあります。

大学受験科[国公立]

困難を乗り越え、晴れて合格!

林 連太郎(佐賀北)

佐賀大学 医学部 医学科

 僕はユースチームでプロを目指し人生のほとんどをサッカーにかけていました。ですが卒業と同時にプロは断念。大きな進路変更を迫られ、もう一つの志望であった医学部受験をすることにしました。しかし高3時はセンターも400点ぐらい。とても書ききれないくらいきついことが何回もあり、心が折れて、何度も勉強やめようと思いました。自分以上につらい思いをさせた両親には、合格した今でも申し訳なく思っています。

大学受験科[国公立]

佐賀校の環境・仲間だから頑張り続けられた

中川 亜由(佐世保北)

九島根大学 医学部 医学科

 私の合格は久ゼミ佐賀校で学ぶことで勝ち取ることができました。ここには夢を持って努力する人が集まっているので、私は刺激をもらいながら頑張り続けることができました。クラスは少人数制で、先生方は生徒ひとりひとりに対して真剣に向き合ってくださいます。最後に、医学部を志望する人は課外活動も大きく評価されるので、佐賀校の主催するボランティア、高校時の作品コンテストなどは積極的に参加するべきだと思います。

大学受験科[国公立]

難易度の高い授業が効果的でした

山口 賢英(致遠館)

九州大学 薬学部 創薬科学科

 自分はJインペリでしたが、コース別の授業が入っていたりして、より難易度が高い問題の解説があったりとレベルの高い授業がとてもためになりました。また先生方は、生徒一人一人と交流を持ち、質問に行くと分かるまで教えてくださり、しかもその説明がわかりやすかったと思います。インペリとJインペリ専用の自習室もあり、自習環境もとても整っていたので、その点もよかったと思います。

大学受験科[国公立]

十分な学習環境があった

荒川 しおり(武雄) 

九州大学 医学部 保健/看護学科

 久ゼミ佐賀校にはモチベーションを保つための学習環境が十分に整っていました。たとえば、主要教科の授業は習熟度に応じて4つのクラスに分けられています。定期的にクラス替えがあるため、現在のクラスよりも1つでも上のクラスに上がりたいというモチベーションが生まれ、一生懸命に取り組むことができました。苦しい受験勉強を乗り越えるには、志望校合格に向けた強い意志や明確な目標を持つことが大切だと考えます。

大学受験科[国公立]

「苦しみは一瞬、後悔は一生」です

児島 佑治(佐賀西)

九州大学 工学部 X群

 久ゼミ佐賀校に通って良かった点は、1人1人に対して手厚く指導してもらえることと、自習環境が整っているところだと思います。合格してから言えることかもしれないけど、大学は妥協して行くより、もう一年頑張って本当に行きたい大学に行ったほうがその先後悔することもないと思います。本当に「苦しみは一瞬、後悔は一生」だと思うのでこれから浪人をする人は、頑張って行きたい大学に行ってもらいたいと思います。

大学受験科[国公立]

夜10時までの自習の積み重ね

飛松 優斗(佐賀西)

九州大学 工学部 U群

 久ゼミ佐賀校に入って良かったことは、他の予備校と違って一人の生徒に対して多くの先生が面倒を見てくれるということです。いろんな先生のお世話になりました。また自分はJインペリに入っていたので、専用の自習室を利用することができました。その自習室は机の間に仕切りがあってとても集中することができて、毎日夜10時まで効率よく勉強ができました。一日を無駄にしない気持ちが合格につながったと思います。

大学受験科[国公立]

日々の努力と少数指導で第一志望校合格

岩永 唯(佐世保北)

九州大学 農学部 生物資源環境学科

 私が久ゼミ佐賀校に通ってよかったと思う点は、2つあります。1つ目は自習室が使えることです。今年、私は誰よりも勉強時間をとろうと思ったので朝早くから夜遅くまで自習室に残り、土日関係なく毎日通いました。2つ目は、先生方との距離が近いことです。私は国語と数学ができなかったのでワンレクを受けました。少人数指導なので少しでもわからないことがあればすぐに質問できるところがよかったです。

大学受験科[国公立]

予習復習に時間をかけ、秋から伸びました

吉冨 綸(佐賀西)

九州大学 教育学部

 この一年間は力の足りなさを自覚し、克服するという終わりの見えないサイクルを繰り返す日々でした。特に私は現役の時から、国語と英語に苦手意識があったので、しっかりと予習復習に時間を取るようにしていました。私は文系のJインペリに所属していたので、専用の自習室で夜10時まで勉強できたのはとてもよかったです。十月頃からやっと成績が伸び始め、結果的に合格することができました。一年間ありがとうございました。

大学受験科[国公立]

合格するための環境は揃っています

松尾 礼真(佐賀西)

大阪府立大学 生命環境科学部 獣医学科

 良かった事は高い目標と意志を持った仲間がたくさんいたことです。自分だけではどうしても中だるみしてしまう時期があると思います。しかし、周りの自分を律して努力する仲間を見ると自然とやる気が出てきます。やる気を一年間継続できたことが合格できた秘訣だと思います。他にも久ゼミ佐賀校は自習室、親身な先生方など志望校に合格するための環境は揃っています。だから、合格するかどうかは自分次第です。

大学受験科[国公立]

一緒に勉強に向き合ってもらえた

中島 優梨(致遠館)

鹿児島大学 共同獣医学部 獣医学科

 私はJインペリコースで一年を過ごし、前年度と同じ志望校を目指しました。このコースの人たちは、みんな意識が高いので、良い意味で、模試の点数や順位など気軽に話せる友達ができやすい特徴があります。また、久ゼミ佐賀校では、添削や質問、個別指導など個人として私たちの勉強に向き合ってくれることが多いです。今年久ゼミ佐賀校の入った皆さんが一番行きたいと思える大学に進学できるように応援しています。

大学受験科[国公立]

コロナの影響なくほぼ毎日通うことができた

鶴 綾乃(佐賀西)

九州歯科大学 歯学部 歯学科

 新型コロナウイルスの影響で県外の予備校は休校措置などが行われたそうですが、久ゼミ佐賀校はほぼ影響なく通うことができ、より有利だったのではないかと思います。インペリ・Jクラスは個別自習室が利用できるためより集中でき、自習の効率が上がります。努力する友人たちが作り出す気迫によって自分の意識が変えられ、最後は強い気持ちのまま受験することができました。指導に関わってくださった先生方に感謝します。

大学受験科[国公立]

楽しい浪人生活でした!

西野 はな(佐世保北)

広島大学 文学部 人文学科

 私は浪人生活で3つのことをしようと心に決めて勉強に励みました。その一つは、量より質を重視することです。集中力を長時間持続させるため勉強にメリハリをつけました。また何回も復習をしました。特に苦手な数学はテキストを繰り返し解いたおかげで点数が伸びました。数学に限らずテキストは大事なところだけが載っていてとても役に立ちます。私が志望校に合格できたのは、先生、家族、友達のおかげです。楽しい浪人生活でした。

大学受験科[国公立]

仲間たちの日々机に向かう姿に刺激された

鶴田 涼介(佐賀西)

岡山大学 法学部 法学科

 久ゼミ佐賀校に入った頃は、まだ私は学習への取り組み方をきちんと理解しておらず、大学に合格できるのには程遠い状態であった。しかし仲間の夜遅くまで机に向かう姿に刺激され、次第に自分もそうするようになった。すると模試での手応えや判定も徐々に上がっていった。勉強のコツがわかってきたと思う。毎日を決して無駄にせず有意義なものにすれば、誰にとってもこの1年は、すばらしい1年となるのは間違いない。

大学受験科[国公立]

文転して成績が伸びました!

島田 拓(佐賀西)

岡山大学 経済学部 経済学科

 自分は浪人して文転しました。文転したのはいいものの、国語が苦手で思うように点数がとれず悩んでいました。それでも、諦めずたくさんの問題を解いていくと、少しずつ分かるようになっていき、共通テスト本番では、二次試験を受けられるだけの点数が取れました。二次試験の対策は久ゼミ佐賀校の先生方に任せていたので、本番でも落ち着いて解くことができました。自分には久ゼミ佐賀校の環境が合っていたと思います。

大学受験科[国公立]

日々の英単語テストでモチベーションを保てた

池上 正悟(筑紫中央)

岡山大学 経済学部 経済学科

 自分が久ゼミ佐賀校に入った当時は英語が苦手で、共通テスト模試のリーディングで21点でしたが、日々の英単語テスト等のおかげでモチベーションが維持でき、本番では69点まで伸ばすことができました。高校生の時はマークミスで悔しい思いをしたことが何度もありましたが、久ゼミ佐賀校では、何度もマークテストをしてくれるため、模試などでのマークミスが限りなくなくなりました。

大学受験科[国公立]

自分の状況にあった指導をしてもらえた

橋本 佑樹(佐賀西) 

千葉大学 看護学部

 久ゼミ佐賀校は、一人一人の生徒の状況にあった指導をしてもらえます。特に直前期の大学別対策授業では、私の志望大学の傾向に合わせた授業をしてもらえたことで、とても効率よく勉強することができ、力をつけることができました。ここまで一人一人の生徒に合わせた指導をしてもらえるのは久ゼミ佐賀校だけだと思います。試験には心と体のコンディションを整えて臨むことが大切です。

大学受験科[国公立]

一緒に頑張る仲間に刺激を受けた

佐方 美月(三養基)

熊本大学 工学部 情報電気工学科

 久ゼミ佐賀校に通ってよかった点は、一緒に勉強を頑張れる仲間がいつもいる点です。授業や自習の時間はそういう人たちに囲まれて、難しい問題も気軽に尋ねることができ、理解を深めることができます。また自習の時間も、静かなのはもちろん頑張っている人達を見て、自分もやらなきゃという気持ちになって、勉強にさらに打ち込むことができます。先生方にも気軽に質問しにいけるので、勉強する環境はとてもいいと思います。

大学受験科[国公立]

導いてくれる先生がいます

秋永 智輝(佐賀清和) 

熊本大学 工学部 情報電気工学

 久ゼミ佐賀校は非常に面倒見がいいと思います。勉強についてのサポートが充実しているのは他の人も書いているでしょうし、その通りです。添削や個別指導、質問対応も大変助かりました。目標に向かっている道のりを歩くスピードは人によって違い、久ゼミ佐賀校にはその手を引いてくださる先生、叱咤してくれる先生が多くいます。先生を信じてみてください。受験は結局は頑張った人が強いのだと思います。

大学受験科[国公立]

最初は知らないことが多く衝撃でした

吉田 侑嗣(島原)

熊本大学 工学部 土木建築学科

 初めての浪人生活では、知らない英単語や公式など多く、自分は何も知らなかったという軽い衝撃から始まりました。徐々に先生の熱心な指導のおかげで、勘で解いていた英語もスラスラと読めるように成長できたと思います。浪人生活は辛いこともありましたが、合格の掲示を見た瞬間に報われたような気分になりました。次はあなたの番です。久ゼミで一年頑張り去年味わえなかったこの感情を味わってください。応援しています。

大学受験科[国公立]

親切丁寧な先生方に支えられた

津上 真太郎(佐賀北)

熊本大学 工学部 土木建築学科

 久ゼミ佐賀校の先生方はとても親切丁寧です。私は残念ながら前期試験で不合格でしたが、久ゼミの先生方はそんな私を励まし、後期試験に向けた対策指導も試験直前まで丁寧に行ってくださいました。そのおかげで頑張り続けることができ、後期試験で無事合格することができました。また、勉強をやっていて不安になったり、きついなと感じることがあると思います。そんな時は、復習に力を注ぐことをお勧めします。

大学受験科[国公立]

自分に最適な勉強法を見つけることが重要

中村 優志(小城)

熊本大学 工学部 土木建築学科

 自分は家で勉強をしないので、久ゼミ佐賀校に通うことにした。勉強する習慣がなかったので初めは苦しかったが、一人でないのでモチベーションを維持できた。入試の制度上、苦手科目があっても総合で最低点を超えればいいので、自分に最適な努力や時間の配分を見つけることが重要だ。苦手科目でも最低点を決めてそれ相応の勉強をすることが大切。受験生の一年間は一人だと辛いので、友達もいたほうがいいと思う。

大学受験科[国公立]

Jクラスのいい刺激、自習室と先生

新澤 京太郎(武雄)

熊本大学 教育学部 中等数学学科

 私が合格できた要因として最も大きいと思うのが久ゼミ佐賀校の学習環境です。朝の9時から夜の10時頃までほぼ缶詰状態で学習できる状況が私には最適でした。また、Jインペリコースは周りの学習能力・意欲が高く刺激を与えられたことも学力を伸ばすことに繋がったと思います。さらに自分が苦手な分野は先生とほとんどマンツーマンで指導してもらい、理解がより深まり段々と苦手意識をなくすことができました。

大学受験科[国公立]

どれだけ勉強をするかが大切

糸山 友基(致遠館)

熊本大学 法学部 法学科

 生活習慣を正しくして十分な勉強時間を確保することをこの一年心がけました。勉強に使った教材は現役の時から大幅には変わりませんでしたが、成績は伸びていったので「どの教材を使う」より「どれだけ勉強をする」のほうが大切なことがよく分かりました。浪人生は成績が伸びにくいと言われることもありますが、やるべきことをやると成績はついてきました。今では一年前妥協しないでよかったと思っています。

大学受験科[国公立]

最初は絶望したが、ある時から楽しめた

山普@鼓太郎(佐賀北)

九州工業大学 工学部 工学2類

 ある時から勉強が楽しく思えるようになりました。現役時代は、解法を暗記する感じの実に味気のない勉強でした。しかし今年の秋ごろから、「条件がこうだからこの道筋で解こう、あの道筋はどうか」といった論理的な思考力が育ち、未知の問題もすごく楽しくなりました。現役の時は落ちて人生が終わったなどと思いましたが、今では仲間にも出会え、色々な経験ができたので良かったと思いました。悔いの無いように頑張ってください!

大学受験科[国公立]

受験は「団体戦」と感じさせた学校

柿原 尚弥(致遠館)

九州工業大学 工学部 工学2類

 ここのいいところは受験を浪人生の個人戦にせず、先生たちを含めた団体戦としている点だと思います。周りにいる友達は高めあうよきライバルであり、先生たちはいいところを褒めてくださり、悪いところはしっかり指導してくださいます。久ゼミ佐賀校の先生方には、基礎から応用まで徹底的に教えて下さり感謝しかありません。これから浪人をする人、いまは不安があるでしょうが自分に自信をもって頑張ってください。応援しています

大学受験科[国公立]

先生に質問がしやすかった

池田 成吾(小城)

九州工業大学 情報工学部 情報工学1類

 久ゼミ佐賀校でよかったと思うことは、先生方に質問をしに行きやすかったところです。授業終了後に職員室を訪ねてわからないところをきいたり、また、夜のサーキット自習でも、サポートの先生に疑問点をぶつけたりして力をつけました。振り返ると、数学Vや化学でわからないところが多かったですが、最終的にはずいぶんと力を伸ばすことが出来ました。

大学受験科[国公立]

いろんな人に感謝したい充実の一年でした

川普@夢実(鹿島)

三重大学 人文学部 文化学科

 久ゼミ佐賀校に入って本当に良かったです。いつも気にかけてくれた担任の先生、覚えやすいゴロを教えてくれた先生、個別指導をしてくれた先生、一年で一番重要だった支え合った友達、そして寮生だったため事務の方にも特にお世話になり、すべての方々に感謝の念がつきません。よく「浪人しなければよかった」と思うことはあるようですが、私の場合は一度も頭に浮かんだことはありませんでした。

大学受験科[国公立]

コロナ禍をうまく乗り越えた

武富 祐己(致遠館)

鹿児島大学 理学部 理学科

 僕は浪人してから高校のときまでやっていた物理をやめて生物にかえて0からスタートしました。生物は覚えることが多くて苦労しましたが、先生が細かいところも教えてくれて助かりました。久ゼミ佐賀校に入ってすぐ、今年はコロナ禍というのもあって少しの間オンライン授業になったりもしましたが、それもちゃんと授業してもらえたし、オンラインでも単語テストしてくれたりととてもよかったです。

大学受験科[国公立]

最高の雰囲気の中で1年間学習できた

木村 友哉(伊万里)

鹿児島大学 理学部 地球科学科

 久ゼミ佐賀校ではいい意味で仲が良く、とても良い雰囲気で勉強ができると思います。特に勉強に疲れたときには友達と会話をしたり、一緒に夜ご飯を買いに行ったりしてストレス発散をしていました。入試本番で対策してきたことと違う形式の問題が出てきても焦らず落ち着いて解ければ人並以上に点数は取れると思います。どんな変化にも、学校で予習・復習をしっかりとこなしていれば学力はおのずとついてくると思います。

大学受験科[国公立]

夜のサーキット自習で点数が伸びた

木寺 紫雲(佐世保北)

鹿児島大学 教育学部 初等学科

 独自のサーキット自習で夜10時まで自習でき、自分の苦手科目の克服や質問などすることもできるので自然と効率よく模試などの点数を伸ばすことができます。また、私は寮生だったので、朝と夜は温かくて美味しいご飯が食べられるというのも楽しみの1つでした。まず、夏までは自分の苦手科目を重点的に学習し、秋からは副教科などを中心に取り組むことで1年間ですべてを学ぶことができました。

大学受験科[国公立]

勉強だけに集中するための環境が整っている

小森 穂高(鹿島)

鹿児島大学 法文学部 法経社会学科

 私は宅浪でやると決め、半年ほどやってみたものの、やはり自宅にいるためすぐに怠けてしまう癖がついてしまったので、このままでは現役の時より散々な結果に終わってしまうと思い、勉強だけに集中するための環境が整っている久ゼミ佐賀校に通おうと決めました。初めの模試では宅浪でのツケが回って全く話にならない散々な結果でしたが、久ゼミ佐賀校で勉強していくにつれて、模試で好成績を取ることができるようになりました。

大学受験科[国公立]

前期で入試の基礎を身につけた

上山 敬明(龍谷)

鹿児島大学 法文学部 法経社会学科

 久ゼミ佐賀校での一年間を振り返って自分が一番良かったと思うところは、前期の授業でそれぞれの教科の基礎を教えてもらったところです。前期に読解法や文法、単語・熟語などをしっかりと身につけたので、それを理解してから後期の共通テスト形式に取り組むことで、問題を早く解くことができるようになりました。成績も後期から急速に伸びたので、前期は我慢の時期だと個人的に思っています。

大学受験科[国公立]

久ゼミで自分を見つめ直すことができた

矢川 尚照(致遠館)

鹿児島大学 法文学部 法経社会学科

 私は現役で大学に合格していながら浪人することを選びました。それは現役の時にあまり大学について調べていなかったので、受かったその後を考えていなかったからでした。そのような理由で浪人したため、久ゼミ佐賀校で自分を見つめ直すことができ、やりたいことを把握して多角的に物事を考えるようになりました。また、久ゼミ佐賀校の自習室はとても助かりました。自習室を活用することでやる気を保つことができました。

大学受験科[国公立]

先生方とのコミュニケーションが取りやすかった

大屋 雅友(伊万里)

長崎大学 工学部 工学科

 久ゼミ佐賀校に通ってよかったと思うのは、生徒数が特に多いというわけではないため、先生方とのコミュニケーションが容易に取れるというところです。夜のサーキット自習があるので、勉強面でわからない点、知りたい点について質問することもできますし、また進路相談もしやすかったです。勉強法については、わからないところを潰していくような形で進めていきました。わかることが増えていくのが楽しかったです。

大学受験科[国公立]

大学のブランドよりも本当にやりたいことを追求

T・H(佐賀清和)

長崎大学 情報データ科学部 情報データ科学科

 授業や模試で周りのレベルの高さを痛感し、先生との面談でも当時の志望校の難しさに気づいた。そのおかげで大学のブランドよりも本当にやりたいことを追求し、一歩ずつ進んでいこうと思うことができた。入学後は前期で各科目の基礎を固め、少しずつ難易度を上げることで自然と力がついていった。その後、秋ぐらいで体調を崩した時もチューターの先生からの連絡や面談をしていただいたおかげでモチベーションを保つことができた。

大学受験科[国公立]

授業も自習も集中して取り組んだ

板橋 蓮(佐賀北)

長崎大学 経済学部 総合経済学科

 私は高校の頃全く勉強しておらず、国公立大学に行けないような成績でしたが、久ゼミ佐賀校で一年間勉強して国公立大学に行くことができました。最初の模試では目も当てられないような点数でしたが、苦手教科の数学をしっかり勉強し、得意教科の地歴公民を伸ばすことで少しずつ合計点数が上がっていきました。授業はもちろんですが、空き時間での自習や夜の自習に集中して取り組むことで力をつけることができたと思います。

大学受験科[国公立]

一年間やり抜くことが大事

松原 太一(佐賀西)

長崎大学 経済学部 総合経済学科

 久ゼミ佐賀校で何度か授業を受け、サーキット自習に参加していると、見えてきたのは自分の未熟さでした。私の場合、特に数学でそれを痛感しました。文系だから数学は解けなくて当然だというような考えがあったため、高校時は数学が足を引っ張っていました。しかし久ゼミではそのような考えは捨て、基礎から立て直す感じで一年間取り組んだ結果、自分の強力な武器にすることができました。一年間やり抜くことが大事だと思いました。

大学受験科[国公立]

チューターに支えられた一年だった

坂井 準弥(武雄)

長崎大学 経済学部 総合経済学科

 久ゼミ佐賀校では、チューターの先生が一年間私の面倒をみてくださいました。私は国語の模試でいつも解く時間が足らず、空欄を作ることがありました。チューターの先生が国語の先生だったという縁もあり、ワンレクで指導をしていただいたところ、時間内に解けるようになりました。面談の時は、「困ったことはないか」と気軽に相談に乗ってくださいました。授業以外でも、先生方と触れ合う機会が多かったのが良かったです。

大学受験科[国公立]

サーキット自習には参加するべき

山口 裕希(三養基)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 久ゼミ佐賀校は、先生全員が熱意にあふれていて勉強のやる気が上がります。サーキット自習室は夜10時近くまで利用でき、生徒のみんなと切磋琢磨して自習できる環境です。私は高校在学中、塾には行かず、家で勉強するというスタイルを取っていましたが、家での勉強は全く手つかずで、センター試験で失敗し浪人することになりました。夜のサーキット自習は、家で全く勉強ができない人ほど参加すべきだと思います。

大学受験科[国公立]

先生との距離が近くて質問しやすかった

城山 裕来(小城)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 久ゼミ佐賀校の良い点は、先生と生徒との隔てがあまりないことだと思いました。先生方が気軽に話しかけてくれたり、質問をした際はわかりやすいように丁寧に教えて下さいました。私は理系にもかかわらず理科が少し苦手だったので、久ゼミ佐賀校入校時はかなり不安が大きかったのですが、先生とコミュニケーションがとりやすかったこともあり、効率よく勉強することができたと思います。

大学受験科[国公立]

最後まで走り続けた

天草 理隆(唐津東)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 僕の場合、行き帰り合わせて2時間半ほど電車に乗っていたので、きついときは寝る、頑張るときは単語を覚えるなどしていました。無駄にした時間が多ければ多いほど、最後に残る後悔は増すと思うので、どうか最後の最後まで走り続けてほしいと思います。この1年間、すばらしい先生方、友達に出会えて共に浪人生活を乗り越えることができて本当に良かったです。ありがとうございました。

大学受験科[国公立]

基礎固めができた

坂口 美月(鹿島

佐賀大学 理工学部 理工学科

 久ゼミ佐賀校に入学した初めの頃もあまり伸びず悩んだけど、まずは予習・復習を中心にしてただひたすら基礎固めをし続けました。久ゼミ佐賀校の先生方の指導や授業をしっかり聞いて復習すれば、結果は自ずと出てきます。テストの点数が伸び悩んでいる現役生や、大学受験に再挑戦するか悩んでいる人には1年基礎固めなどをしっかりしてくれる久ゼミ佐賀校はとてもいい環境だと思います。

大学受験科[国公立]

自習する環境が整っている

T・N(佐賀北)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 久ゼミ佐賀校に通ってよかった点は、自習する環境が整っているところだと思います。自分は家で集中して勉強できないので、自習室が利用できるおかげで集中して勉強できました。夏ごろにチューターの先生に自分の勉強に取り組む姿勢について指導していただき、このままだとどこの大学にも合格できないと危機感を持ち、毎日十時まで自習に取り組みました。その甲斐あって徐々に点数も上がり、少しずつ自信がついていきました。

大学受験科[国公立]

初めて「勉強を楽しい」と思いました

副島 幸市(佐賀清和)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 久ゼミ佐賀校では、すべての教科で自分の能力に応じた授業が受けられるので、とても自分のためになりました。先生方の授業は入試で必要な知識をわかりやすく説明するだけでなく、その教科の「楽しさ」「おもしろさ」も伝えていただき、初めて「勉強を楽しい」と思いました。それうは、私の勉強意欲の向上にもつながりました。最後に、人見知りの私に多くの人が声をかけてくれ、苦しいながらも充実した1年でした。

大学受験科[国公立]

授業をしっかり聞いて復習に力を入れる

山本 慶人(佐賀北)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 私が後輩に向けてアドバイスできることは2つあります。1つ目は、授業をしっかり聞いて復習に力を入れることです。久ゼミ佐賀校の先生方からも口酸っぱく言われると思うので、できていない人は是非してください。2つ目は、勉強することに対してやる気が全くないときは気分を変えることです。数十分で終わることに数時間も使っていたら時間はなくなります。入試までの時間は平等に与えられているので、うまく使っていきましょう。

大学受験科[国公立]

自習環境が整っている点がとてもよかった

竹下 優希(佐賀北)

佐賀大学 理工学部 理工学科

 自習環境が整っている点がとてもよかったと思います。私は夜のサーキット自習室を使って22時まで勉強をしていました。友達が頑張っている姿を見て、自分も頑張ることができました。友達の存在は大きかったと思います。今まで勉強してきて、復習することが大事だと分かりました。一度聞いて間違った箇所は解けるまで繰り返しました。先生との距離も近く、コミュニケーションを取ることでモチベーションを上げられました。

大学受験科[国公立]

久ゼミの授業で苦手科目を克服した

岩永 智暉(武雄)

佐賀大学 農学部 生物資源科

 久ゼミ佐賀校に通って良かった点は、苦手な科目の授業を受けていくことで、自分一人で勉強するよりはるかに効率よく、無理なく克服できたことです。また、先生方との距離が近いので、気になることがあればすぐ質問をすることができました。つらい時期もありましたが、自分がやってきたことを信じ、自分が解けない問題は他の人も解けていないと考えて気持ちを落ち着かせていました。

大学受験科[国公立]

切磋琢磨できた

池田 樹(小城)

佐賀大学 農学部 生物資源科学科

 先生方が私たち一人一人に寄り添った授業や生徒のことを一番考えてくださっていて集中して勉強に取り組むことができ私文の課題を見つけることができました。入学した時は苦手分野もたくさんありとても不安でしたが先生方や同じ目標を持つ多くの仲間と出会うことができ切磋琢磨し合って勉強に取り組むことができました。また時には支え合うことなどで辛い時期も乗り越えることができたと思っています。

大学受験科[国公立]

丁寧に解答のコツを教えてくれた

山口 美弥(武雄)

佐賀大学 農学部 生物資源科学科

 久ゼミ佐賀校に通ってよかった点は、必要な知識だけを学べる点です。過去問やそれに類似する問題の演習を行いながら、先生たちが丁寧に解答のコツ解説を行ってくれるため、基礎から応用までしっかり学習することができました。また、わからない問題がある場合は、いつでもわかりやすく指導していただき、苦手克服に繋がりました。そして、数学や英語では二次試験対策として早い段階から添削指導を受けることもできます。

大学受験科[国公立]

基礎からじっくり学ぶことができた

S・K(佐賀清和)

佐賀大学 医学部 看護学科

 久ゼミ佐賀校に入って良かったことは、基礎からじっくり勉強できたことです。授業が習熟度によって分かれているので、英語や古文の文法、数学の基礎などを固めることができ、成績を伸ばせたと思います。共通テストでは思うように点が取れなかった教科もありますが、ほとんどの教科で前年以上の点を取ることができました。また、国公立大学を目指す友人ができたことも大きな支えになりました。

大学受験科[国公立]

久ゼミの仲間のおかげで頑張り抜くことができた

川普@日陽(武雄)

佐賀大学 教育学部 初等主免学科

 久ゼミ佐賀校に通うことで、効率よく勉強に取り組むことができました。実際に入学すると、苦手科目との戦いで苦しいことのほうが多かったです。そんな中でも、久ゼミ佐賀校の仲間とともに勉強できたことで、なんとか頑張り抜くことができました。つらい時には励まし合い、うれしい時には喜びも共有しながら共に時間を過ごすことができました。

大学受験科[国公立]

勉強が楽しいと初めて感じた

野中 翔太(致遠館)

佐賀大学 教育学部 初等教育主免

 春夏は毎日サーキットで22時まで残り家でも復習をしたりと多忙な日々ではありましたが模試の判定をAでキープできていたことが自信になり勉強が楽しいと初めて感じました。そして今日合格を手に入れることができてやっとスタートラインに立ち夢を追う準備ができるんだと悦びを噛み締め今度のピンチの時に自信を持って取り組んでいきたいです。

大学受験科[国公立]

独自教材で他と差をつけている実感

岩永 快成(武雄)

佐賀大学 教育学部 初等教育主免学科

 最初は不安もありましたが、すぐに高校に行っているような感覚でストレスなく勉強に励むことができました。授業はわかりやすく、時に久ゼミ佐賀校独自の教材で授業が進むので、他と差を付けながら学べているという実感がありました。また価値観が似た人ばかりなので、すぐに仲良くなれるし、互いに高め合って勉強することができました。日曜日でも学校は開いていて、誰かしら自習をやっているので、やる気も出ました。

大学受験科[国公立]

何度も復習することで記憶に残るようになる

中島 健一郎(武雄)

佐賀大学 教育学部 初等教育主免

 私は、正直久ゼミ佐賀校に入った頃は志望校に合格する自信がありませんでした。私は集中力がなく、勉強していてもすぐに飽きてしまって全然頭に入ってこなくなってしまいます。こんな私のような人にお勧めの勉強法は15分毎に教科を変えて勉強することです。時間をおいて何度も往復することで記憶に残りやすくなります。この方法なら一生勉強を続けることができるし、成績爆上がりです。

大学受験科[国公立]

授業は前の席で受けた方が良い

江越 円(致遠館)

佐賀大学 教育学部 初等教育主免

 5月くらいに担任から「授業は前の席で受けた方が良い」と注意されてからどの授業も一番前で授業を受けました。それから成績もぐんと伸び、授業をしてくださる先生方との交流も増えました。「先生を信じ続ければ私は合格する」と思いました。そして選択に悩みが生じた時は担任に相談し、アドバイス通りにしていました。前期試験の科目選択も直前まで悩んでいて、担任に相談し、その通りにしたら合格できました。

大学受験科[国公立]

先生が理解できるまで説明してくれた

島津 克博(龍谷)

佐賀大学 教育学部 初等教育主免

 久ゼミ佐賀校に通って良かった点は、夜のサーキット自習室で質問できたことです。分からない所を質問することで分かるようになり、先生方の説明も分かりやすく、理解できるまで説明してれるので助かりました。友達と夜のサーキット自習室に参加することで、やる気が出なくても、とりあえず席に座ってペンを動かすことができました。周りが勉強していたら危機感がもてるようになるので、その点も久ゼミ佐賀校のよい点だと思います。

大学受験科[国公立]

受験に使える資格は必ず取ったほうがいい

山口 暢樹(佐賀清和)

佐賀大学 経済学部 経営学科

 絶対に言えることは、英検など、受験に使える資格は必ず取ったほうがいいということだ。今回合格できたのは英検があったからと言っても過言ではないと思う。英検の筆記もそうだが、リスニングは本番では最後の時間ということもあって、集中力が切れてしまうかもしれない。そのことを考慮しても絶対に取っていた方が楽であると思う。

大学受験科[国公立]

同じ目標を持った仲間と切磋琢磨し頑張った

古賀 智葵(佐賀清和)

佐賀大学 経済学部 経済法学科

 久ゼミ佐賀校には、意識の高い、「合格」という同じ目標を持った仲間がたくさんいます。それが勉強に対するモチベーションになりました。模試で点数が低くかったり、授業で苦手な所にさしかかると、どうしても負の感情が芽生えてしまうこともあります。けれど「最後まで諦めない心」が重要だと思います。この一年間とてもつらかったし楽しくないことも多かったけれども、それ以上に充実した一年間だったと思います。

大学受験科[国公立]

入試に必要なことは全てサポートしてもらえる

藤戸 悠生(致遠館)

佐賀大学 経済学部 経済法学科

 自分は浪人を機に文転を決め、入学しました。丁寧な授業のおかげで文転してから始めた現代社会も含め、ほぼ全ての教科で点数を伸ばすことができました。また入試対策だけでなく英検などの外部試験の指導もしてくれるので、サポートはかなり手厚いと思いました。皆さん様々な不安を持っていると思いますが、必要なことはサポートしてもらえます。自分に必要なものを補えるよい環境がここには揃っています。

大学受験科[国公立]

苦手な科目も基礎からやり直すことができた

衛藤 俊樹(佐賀東)

佐賀大学 経済学部 経済学科

 久ゼミ佐賀校に通ってよかったと思ったのは、苦手な科目でも基礎からやり直せるところです。おかげで一からやり直し、数学の成績を伸ばすことができました。得意科目も発展的な授業をしていただけるクラスで安定させることができました。受験本番では、最低限の自信を持って慢心することなく臨むのが大事だと思いました。チューターの先生には、最後までサポートをし続けてもらえて嬉しかったです。

大学受験科[国公立]

アチーブメントテストが模試への良いステップに

燻諱@英地(佐賀清和)

佐賀大学 芸術地域デザイン学部 芸術地域デザイン学科

 自分のレベルに合った授業を受けられる点が良かったです。苦手教科は基礎から、得意教科は応用を学べて力がつきました。自習時間には授業の復習がしっかりでき、わからないところがあれば先生に質問もできるので、苦手がそのままになることもなくなります。英単語テストが定期的にあることで語彙力がつきます。アチーブメントテストでは自分の実力がはかれて模試への良いステップになりました。頑張れば結果は必ずついてきます。

大学受験科[国公立]

勉強を頑張る仲間がいた

土師 大将(致遠館)

山口大学 教育学部 情報教育学科

 何より周りに多くの友人が勉強を頑張る仲間がいたことで長い間勉強のモチベを保てたと思う。どうしても家だと怠けたりするし宅浪となると一日中家で勉強してそうだから久ゼミ佐賀校まで自転車できて軽い運動みたいにできるのもリフレッシュできてよかった。少人数クラスのおかげで担任の先生が一人一人のことを理解してくれてアドバイスや相談にも乗ってくれたことがすごい力になったと思う。

大学受験科[国公立]

自分を信じ抜くことが大事

山田 彪雅(白石)

大分大学 経済学部 経済学科

 一年で自分の得意科目と苦手科目がどのくらい点数を取るか、そのためにはどんな勉強のやり方が適切かを自分で計画する力がつきました。勉強した事を忘れないようにするには、一度勉強した事を何十周とやりこんで脳に定着させるのが一番近道だと思います。私の点数が一番飛躍的に伸びたのは12月だったので、点数が伸びずに苦労しても、自分を信じ抜くことが大事だと思いました。

大学受験科[国公立]

公式についての詳しい解説を聞くことができる

大石 若葉(三養基)

島根大学 総合理工学部 物理・マテリアル学科

 久ゼミ佐賀校の授業では、入試に必要な公式について、深く掘り下げた解説を聞くことができました。たとえば、知っている現象についても、それが起こる仕組みの解説にきちんと時間を割いて下さり、公式の一言にまとめられ認識が甘くなっている部分について丁寧に教えてくださいます。共通テストではこうしたことを理解しておくことが重要だと思います。

大学受験科[国公立]

寮生として集中して勉強できた

吉原 桃果(上五島)

琉球大学 理学部 物質地球科学科

 私は寮生として久ゼミ佐賀校で勉強しました。久ゼミの寮にはテレビやパソコンなどの持ち込みが禁止だったため、勉強に集中することができました。想像していた予備校生活とは違い、たくさんの友達ができ、楽しく充実した一年を送ることができました。自分の体調がすぐれず、あまり勉強に集中できない日もありましたが、様々な人に支えてもらったおかげで一年間逃げ出すことなく、やりきることができました。

大学受験科[国公立]

去年よりも理解度が上がった

深村 芽紅(武雄)

琉球大学 工学部 工学科

 久ゼミ佐賀校の先生方は、とても分かりやすく教えてくれるので、去年よりも理解度が上がりました。わからない所もわかるまで丁寧に教えてくれるので、いつでも質問できます。また、添削プリントなどで自分の解答を修正してもらえるので、自分のどこが間違っているのかすぐにわかります。また、昼休みや夜ご飯、帰りの駅までの時間に友達と話すことがとても楽しく、励まし合いながら勉強できたので、毎日がんばれたと思います。

大学受験科[国公立]

苦手の英語を克服できた

谷口 雄也(佐賀北)

山口東京理科大学 工学部 応用化学科

 今年はセンター試験から共通テストに変わって形式が変わってとても大変でした。しかし、自分の苦手としていた英語はひたすら単語を覚えて、1日1長文を読むようにしました。また、初めは30点くらいだった生物もひたすら勉強をして共通テストでは9割近い点数を取ることができました。この1年は自分の人生の中で貴重な体験になったと思うのでこれからの人生に活かしていきたいと思います。

大学受験科[国公立]

レベル別の授業で問題が解けるようになった

吉谷 脩汰(鹿島)

長崎県立大学 経営学部 国際経営学科

 久ゼミ佐賀校では、一人ひとりのレベルに合った授業を受けることができました。前期ではすでに習っているはずの高校の授業の内容でも、改めて授業を受けてみると意外と”穴”があり、それを確認することができました。そして夏期、後期での難しい問題や過去問も前期で定着させた基礎のおかげで少しずつ対応できるようになり、現役の時に解けなかったような問題も解けるようになりました。