高校1年生コース

学習の習慣が
しっかり身に付く!

コース概要コース概要
高校生コース2年生

中学と高校のギャップ

高校になると、中学との急激なギャップについていけないという生徒が増えてきます。 それもそのはず、中学と高校では教科書レベルでさえ学習量に何倍もの差があり、入試を突破するにはさらに多くの知識と教科書レベルを超えた思考力が必要となってくるからです。



受験生=高1から

センター試験対策は教科書が基本です

高1の頃は学校の授業内容をしっかり理解し、復習する習慣を身につけることが大切です。この土台ができて初めて志望校合格に向けて本格的な受験勉強が高3からスムーズに始めることができます。


 



高校生コース現役合格の3つの戦略 高校生コース現役合格の3つの戦略 戦略1

@高校別または学習進度に応じたカリキュラムで実施

A少人数グループ指導だから生徒の弱点をいち早く見抜く


戦略2

@ 「定期テストに出る」≒「入試に出る」今の時期からおさえるべきポイントを伝授

A苦手な分野は補強プリントで徹底演習


戦略3

@高校の予習、復習の手助け及び疑問点をどんどん解決

A「わかる」指導で「楽しく」学習


熊本大学 法学部 法学科 小森潤一くん(久留米高校卒業)


サポート教室の質問で苦手科目が得意科目になった。

 私が久ゼミに入塾したのは高校1年生の時でした。 高校入学当初、数学が苦手科目で、家ではテレビやスマホの誘惑に負け、あまり集中して勉強することができませんでした。 そこで久ゼミの自習室を活用し平日3時間、休日6時間を日課にし、学校の復習を自習室で行い、わからない箇所はサポート教室で質問することで、苦手だった数学が今では一番の得意科目になりました。 特に合格の決め手となったと思うのは、センター試験後の大学別2次対策講座です。 大学別講座では過去問を時間を計って解き、その後担当の先生に解説を受けるのですが、担当の先生方は受ける大学試験の傾向や対策などをわかりやすく解説してくれたので、十分に理解することができました。 意志が弱い自分が継続して勉強できたのも、週3回のサポート教室と自習室、そしていつも身近で励ましてくれた先生たちのおかげだと思います。 久ゼミの高校コースに入塾して本当によかったです。 お世話になりました。