医学部合格をはたした卒業生の合格体験談

「今日一日だけ頑張る」という気持ちで

一年間やり抜いた

大坪 駿介(久留米附設高校出身)

  • 熊本大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部医学科

 まず、九州医進ゼミの先生方、共に学んだ仲間達に、感謝を伝えたいと思います。合格発表の際に自分の番号を見つけた時の快感は何とも例え難いものでした。医進ゼミでの生活は、朝も夜もとにかく勉強することができました。最初はやり通せるかなという不安もありましたが、一日一日とりあえずやっていくかと思っていたら、一年終わっていたというのが実感です。「とにかく今日一日だけを頑張る」という気持ちは大切だなということが個人的に学んだことの一つです。
 模試の結果は当てにならないと言われていますが、自分は結果にこだわって努力しました。結果は自信につながります。目標にできる試験は沢山あるので、ずっと努力を継続することもできます。
 医進ゼミの先生方は、とにかく生徒を支えてくださいます。自分はかなり勝手にやらせてもらったと思いますが、先生のアドバイスを受けながら、自分の思った様に勉強すればいいと思います。一年は長いです。絶対に合格まで手が届きます。

能動的な取り組みと何事にも動じない

強い意志が合格を決めた

行徳 成敬(明善高校出身)

  • 鹿児島大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部医学科

  第一志望の鹿児島大学医学部に合格することができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。昨年の春、九州医進ゼミへ説明を聞きに行った際、厳しいスケジュールのもと学習に取り組み一年で合格を掴み取るという方針、富松先生の「一緒に頑張ろう」という熱い思い、佐々木先生の英語と上村先生の数学の体験授業を通して、入学を決意しました。医進の厳しいカリキュラムに取り組みながら、先生方に質問しやすい環境を活かして弱点を克服していくことで、模試では安定した成績をとることができました。

 また、センター試験後には少人数での大学別二次対策授業があり、最後まで成長し続けることができました。確かに、このような整った環境で学習できることは大きなプラスになります。しかし、それ以上に大事なことは、与えられたものをこなすだけではなく自分自身が合格するためにいかに能動的に問題に取り組めるか、何事にも動じず強い意志を持って黙々と学習できるか、だと思います。

不安を感じたあの日、先生の言葉で弱気な自分を振り切れた

有薗 功一(熊本高校出身)

  • 琉球大学医学部医学科
  • 福岡大学医学部医学科
  • 兵庫医科大学医学部医学科
  • 藤田保健衛生大学医学部医学科
  • 愛知医科大学医学部医学科

  合格した瞬間、思うようにいかず悩み苦しんだこの一年間の思い出が全部、今ある自分を作り上げてくれた布石のように思えて、充実感を覚えました。この一年を振り返ってみると、現役のときよりも本気で勉強に取り組んだ分、結果が出ないときには悔しかったですし、不安もありました。

 受験直前の模試で悪い成績をとってしまったときには、めったに相談なんてしない自分が先生に不安を漏らしてしまうなんてこともありました。でもそんなときに担任の富松先生から「いいか。成績で積み上げてきた自信なんてたった一回の悪い模試で簡単に崩れるんだよ。でもお前がココにきてから、他のやつより朝早くからきて勉強したり、夜遅くまで残って勉強したりして作ってきたお前だけの自信はこんなもんじゃ崩れないだろ。」と言われ、それまで弱気だった自分を振り切ることができ、そのまま受験本番まで頑張り続けることができました。

 今はただ感謝の気持ちでいっぱいです。医進ゼミに出会えて本当によかったです。

昨年足切りを受けた私が一年で国立大医学部に合格した理由

吉村 亮(熊本高校出身)

  • 富山大学医学部医学科
  • 金沢医科大学医学部医学科

 私は現役時センター試験で無残な点数を取り、当然ながら足切りを受けて二次試験をうけることができず、九州医進ゼミに入学することになりました。そんな私が一年だけで国立大学医学部医学科に合格できた要因は下記の三つです。
  一つめは勉強量です。通常の必須勉強時間はもちろんのこと、早朝や休み時間でも自主的に勉強しました。二つめは勉強の質、要領です。一日が二十四時間しかない以上、質を徹底的に極める必要があります。数学の思考力を要する問題以外は先生に質問してしっかりと理解すべきです。三つめは、精神力です。模試の結果に一喜一憂せず、淡々とやるべきことをこなしていくことが大切だと思います。
 九州医進ゼミでは勉強面はもちろんのこと寮生活面でも多大な支援を受け、勉強だけに専念できる環境を得ることができます。また、担任の先生に終電直前まで相談にのってもらうこともできます。先生、職員の方、一年間本当にありがとうございました。

素晴しい先生方との出会いが合格につながった

細山田 融祐(都城泉が丘高校出身)

  • 長崎大学医学部医学科
  • 防衛医科大学校医学科

 医進の先生方には大変お世話になりました。特に、佐々木先生には感謝してもしきれないほどお世話になりました。具体的には、英語の質問をしたり、自分の悩みを相談したりしました。そんな時、佐々木先生はいつも親身になって対応してくれました。外見は少しこわそうではありますが、話すととても優しく、どんなことでも話したくなるような先生でした(笑)。私が一浪目の時、鹿児島大学に落ちた時、つらい顔をした私になぐさめの言葉をかけてくださったことを今でもおぼえています。あの時の佐々木先生の言葉があったから最後まであきらめず、後期試験も全力でがんばりぬくことができました。また、2浪目の時も様々なアドバイスをしてくださり、とても感謝しています。

 医進の他教科の先生方にも授業や質問等で大変お世話になりました。このようなすばらしい先生方に出会えたおかげで私は合格できたと思っています。本当にありがとうございました。

私のためだけのオリジナルプリントで

苦手科目を克服

原 静流 (東明館高校出身)

  • 佐賀大学医学部医学科

 今春、私は佐賀大学医学部医学科に進学することができました。
現役合格できた要因の一つは、苦手科目克服にあったと思います。私の苦手科目は理科と数学でした。高校での定期考査では、試験範囲が決まっているので、試験直前に集中的に勉強することで乗り越えることができましたが、受験科目としての学力は全く足りていませんでした。高3になって模試の科目に理科が加わることで、まずは自分がどの分野が弱いのかを認識することができました。その結果を踏まえて、医進ゼミの担当の先生と面談をして、個別指導で苦手分野を克服するというテーマが決まりました。それからは、個別指導の先生が私の苦手分野の問題だけを集めたプリントを作っていただいたりすることで、苦手克服のために集中的に勉強しました。
 受験勉強は時に厳しい現実と向き合い続けなければならない苦しいものでした。長い間支えて下さった医進ゼミの先生方や家族、友人に感謝したいです。

25連敗から医学部合格

内田 貴志(弘学館高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科
  • 福岡大学医学部医学科
  • 兵庫医科大学医学部医学科
  • 近畿大学医学部医学科

 僕の受験は、医進ゼミに入学するまで一次合格することもなく、4年間で25連敗でした。今までの浪人生活は計画性がないために受験期が近くなるにつれやることが多くなり、自分の目標と現実がずれることが増え、やる気がなくなるといったことが多々ありました。
 医進ゼミではカリキュラムがしっかりと組んであるためにその通りにやれば勉強のリズムは必然的に確保されること、また自分にやる気さえあればそれに先生達がこたえてくれてプラスアルファの勉強もできるということが大きな支えになりました。そして一番大きかったのは親身になり相談に乗ってくれた先生方の存在でした。そのおかげで受験期でも自分のやるべきことを見失わずに勉強に集中することができました。医進での勉強はハードです。慣れると言われるかもしれませんがそんなに慣れるものでもないです。ですが一日一日やることをやっていけばすぐに受験は来ます。体調にだけは気をつけてそこそこにムリをした勉強をすると良いと思います。

入学して驚いたのは先生との距離と

集中した自習環境でした

林田 匡晴(明治学園高校出身)

  • 福岡大学医学部医学科
  • 近畿大学医学部医学科
  • 愛知医科大学医学部医学科

 今こうして合格体験記を書けることを嬉しく思います。私は親の勧めで九州医進ゼミに入ることになりました。ここに来て驚いたのは先生と生徒の距離が近いことと集中して学習できる自習室の環境でした。少人数なので生徒の力と苦手分野を先生が把握でき、生徒も疑問点があれば授業中に質問することができます。また、生徒全体のモチベーションが高いので自習室は静寂に包まれていました。
 合格できた要因の一つには苦手科目である数学の克服があると思います。一度解いて間違えた問題は二度目も間違える可能性が高いので、時間を空けて繰り返し解くようにしていました。最終的に数学は苦手科目ではなく得点を稼ぐ教科の一つとなりました。
 最後になりましたが,私がたるんでいた時に厳しい言葉で指導して下さった佐々木先生をはじめとする先生方、事務の方々、寮食担当の方々、そして応援してくれた家族には本当に感謝しています。これからは良医を目指してがんばります。

「私はこんなにやったんだから絶対に大丈夫だ」という自信をつけることができた

落合 彩子(筑紫女学園高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 小学生の頃から夢見ていた医学部という道に進むことができ、とても嬉しく思います。これも、支えてくれた家族、友人、そして九州医進ゼミの先生方、事務のみなさんのお陰です。
 医進ゼミは毎日朝9時から夜10時まで授業や必須自習があり、はじめはこなせるか不安でしたが、意識の高い生徒やそれを引っぱる熱心な先生方に助けられて、必須時間以外の早朝自習や夜自習もこなせました。私は模試の成績で結果が出ない状態が本番まで続きました。しかし、休み時間でも+αで勉強に取り組むようにすることで、『私はこんなにやったんだから絶対に大丈夫だ』という自信をつけることができ、一喜一憂することもなくなりました。
 私は入試本番で体調を崩し、決して万全の状態で試験に臨めたとは言えません。しかし、それでも合格できたのは、積み上げてきたことへの自信があったからだと思います。
 黙々と勉強する環境に置かせてくれた両親や環境作りに尽力して下さった先生方にはとても感謝しています。

合格できたのはメンタルの面の弱さを

克服できたから

石田 美希(弘学館高校出身)

  • 福岡大学医学部医学科

 私の浪人生活での最大の敵はメンタル面における弱さでした。勉強をひたすらにつづける継続力やまじめさはもちろん必要だけど、一番大切なのは気持ちを整えることのできる能力だと思います。私は計画をたてて、その計画通りにきっちりと物事をすすめるのが下手でした。だから計画が上手くいかないとそのつど落ちこんで、自分はダメだなと思っていました。そんなときは先生が話をきいてくれたり、アドバイスをしてくれたりしたおかげで受験へとまっすぐ向かうことができたし、自分に自信を持つこともできたと思います。
 また、受験勉強でキツいのは自分だけじゃなくて、一緒に学ぶ友人や支えてくれる先生や家族も同じようにキツいということを忘れずに、自分のまわりの人に配慮する気持ちをもつことも大切だと思います。私を支えてくれた家族,先生,友人にとても感謝しています。ありがとうございました。大学でもこの気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

悔いが残らないように

死ぬ気で勉強すると決意した

久原 茉莉奈(筑紫女学園高校出身)

  • 福岡大学医学部医学科

  一浪目は中途半端な勉強しかできなかったため、結果は当然不合格でした。そのため二浪こそは厳しい予備校に入って、悔いの残らないように死ぬ気で勉強すると決意しました。そこで久留米大学医学部に合格した高校の先輩である原田さんが九州医進ゼミだったので、詳しい話を聞いてここなら頑張れると思って、入学しました。私は英語が一番の苦手科目で、勉強の仕方すらわからない状態でした。授業では佐々木先生から英文の読み方を基礎から分かりやすく教えてもらえたので、次第にわからない単語があっても文章の内容から推測できるようになりました。疑問点があって質問に行けば、納得するまで教えていただきました。

 私が合格できたのは佐々木先生に出会えたからと言ってもいいくらいです。入試直前では、少しでも時間があれば対策授業をして下さって助かりました。熱い先生方が多く、勉強に集中できる環境がある医進ゼミに来て本当に良かったです。ありがとうございました。

努力は裏切らない、

最後の最後で掴んだ一勝

瀬戸口 昌裕(青雲高校出身)

  • 近畿大学医学部医学科

 それは3月30日のことです。「近畿大です。繰上合格しました。」という電話がありました。補欠が回る可能性は低いと考えていたため、喜びと驚きが入り混じった気持ちだったことを覚えています。
 医進ゼミに入ったのは二浪目を迎えた時でした。一浪目は一次合格した大学が一つあったので、今年こそは合格するという思いは誰よりも強かったです。今まででは考えられない程の勉強量をこなし、成績は安定し、合格圏にきたと思えました。
 そして受験を迎えると、一次合格が思ったほど来ません。自信を喪失しました。原因は、精神の弱さだったと思います。私は少しのことで気持ちが動揺し、本来の力を発揮できなくなることがよくありました。受験生へ伝えたいことは、完璧主義ではなく気持ちに余裕をもつということです。 ただ、努力は最後まで誰にも負けないくらいしました。そのおかげなのか、最後の最後に天が私を救ってくれたのだと思います。

あのとき夢をあきらめなくて良かった

杉生 容子(倉敷青陵高校出身)

  • 兵庫医科大学医学部医学科

 現役時代、私は学力が全くなかったため、医学部に行きたいと思っていましたが、難しいだろうとあきらめかけていました。しかし自分の将来を考えたとき、夢をあきらめることができなかったので、浪人することを決意して、九州医進ゼミに入学しました。
 最初の頃は、今まで勉強する習慣がなかったので集中力が続かないこともありましたが、同じ目標を持った周りの人たちの勉強に対する姿勢を見て、私も負けられないという気持ちになって頑張ることができました。その頑張った日々を積み重ねた結果、受験本番のときには自信をもって入試を迎えることができました。気持ちとして自信をもてたことは、医学部に合格できた要因の1つだ思います。
 九州医進ゼミの先生方はとても親身に指導してくださったり、相談にものってくださったりしてくれました。そのおかげで大きな不安を感じることなく勉強に集中できる浪人生活が送れたと思います。医学部に合格することができて本当によかったです。

先生方が見守ってくれたから

勉強漬けの毎日を耐えることができた

中島 永華(久留米信愛女学院高校出身)

  • 埼玉医科大学医学部医学科

 私は真面目にコツコツと勉強できるタイプではなかったので、先生方との距離が近い環境は私に適していたと思います。担任の先生をはじめ、普段授業の担当でない先生方も不安や悩みを抱えているときには真剣に話を聞いて下さり、またあるときには息抜きのおしゃべりに付き合って下さいました。私が朝から晩まで勉強漬けの毎日に耐えることができたのは先生方が見守っていて下さったおかげです。
 また、私はこの一年でお互いに競い、励まし合うことのできる仲間に出会うことができました。同じ目標を持つ仲間の頑張る姿を見ると、行き詰っているときでも不思議とやる気が湧いてきました。共に受験を乗り越え支えてくれた友人たちには感謝の気持ちでいっぱいです。
 最後に、両親とは意見が合わず言い争いになったり、期待してくれていることへのプレッシャーに逃げ出したくなったりすることもありましたが、諦めずに信じて応援してくれた家族に「ありがとう」を伝えたいです。

この環境があったから先の見えない不安を

乗り越えることできた

大田 有穂(筑紫女学園高校出身)

  • 金沢医科大学医学部医学科

 九州医進ゼミで過ごしたこの一年間は、とても充実したものでした。目標に向かって皆で一生懸命に頑張る環境があったからこそ、私は合格をつかみとれたと思います。
 医進ゼミに入学を決めたときの私は、先の見えない不安でいっぱいでした。シビアな医学部受験の現実を目の当たりにして、自信も失っていたと思います。しかし、入学してからは、高いモチベーションをもち続けたまま勉強することができ、あっという間に一年が過ぎていました。それは医進ゼミの先生たちが全力で支えてくれたからだと思います。特に担任の佐々木先生には、一年間を通して、勉強面だけでなく、精神面も鍛えられ、支えてもらいました。
 私が受験生活で実感したことは、受験とは自分との戦いということです。あきらめずに、目標に向かって突き進めば、必ず強くなれます。その強さが必ず自信につながります。この一年間は、幸せで、大切で、今後に活きるものとなったと思います。本当にありがとうございました。

E判定から逆転合格できたのは

気持ちの面が大きかった

新門 明里(れいめい高校出身)

  • 川崎医科大学医学部医学科

 佐々木先生から「医進ゼミに入ったからには後悔させたくない。」と言われたときに、私は「絶対にここで受かりたい。先生達についていけば絶対に合格できる。」と思いました。
 勉強については、先生方が些細な疑問でも丁寧に教えてくださったおかげで、ただやり方を覚えるのではなく、なぜそうなるのかを理解できたので苦手を克服できました。
 また、勉強以外のことに気を取られたり、人と比べて焦る時期もありましたが、担任の新里先生が話を聞いてくださったり、佐々木先生が喝を入れてくださったりしたので、めげることもなく 勉強し続けることができました。
 模試ではほとんどがE判定だったので、学力的には受かると言えるほどでは決してありませんでしたが、入試では、「切り替え」「前向き」「とにかく全力を尽くす」を意識して受験に臨みました。実際に、どの入試でも 教科ごとに気持ちを切り替えるのはもちろん、一問一問に一喜一憂せずに全力を尽くすことができました。佐々木先生の言葉通り、医進ゼミに来て良かったと思います。