医学部合格をはたした卒業生の合格体験談

完全な準備が出来て試験に臨む者は一握り

不完全な状態でも合格する

西野 隆祐(真和高校出身)

  • 名古屋市立大学医学部医学科
  • 近畿大学医学部医学科
  • 大阪医科大学医学部医学科
  • 藤田保健衛生大学医学部医学科

 合格するまでの過程で、多くの不安がありました。

 私大受験では、二次試験まで行ったものの補欠合格にすら入れなかったり、去年一次試験を突破出来た私大で一次試験が突破出来なかったりしたときは不安に襲われました。 

  国公立大受験では、模試などではそれなりの成績が残せていましたが、それが当てにならないことは嫌というほどわかっていたので、試験本番で実力を発揮できるかを考えるとかなり不安でした。  

 不安なとき思い出したのは担任の先生の「良い結果も悪い結果も受け止めて上手く切り返す力が絶対に必要。」という言葉や、塾長先生が言った「完全な準備が出来て試験に臨む者は一握り。不完全な状態でも合格する。」という言葉が頭に浮かび、最後まで試験を戦い抜く事が出来ました。  

 国公立大学の合格発表の時、自分の受験番号に視線が吸い込まれるかのようで探すのに一秒もかからなかったのを鮮明に覚えています。私は自分自身に対して負った責任を全う出来ました。同時に、それは支えてくれた家族や先生方、共に学んだ仲間のおかげだと実感しました。

学力面と精神面の向上が合格に繋がりました

古賀 淳也(弘学館高校出身)

  • 熊本大学医学部医学科
  • 久留米大学医学部医学科
  • 昭和大学医学部医学科

 九州医進ゼミの先生方には、大変お世話になりました。特に英語と生物の先生には助けてもらいました。英語の佐々木先生には熱心な指導のもとで、今まで体験したことのない、英文構造の理解だけではなく、文章を読む力というものを教わりました。また生物の新里先生には、個々の単純な暗記ではなく、体系的理解を育んでもらいました。また自習をしているなかで疑問点があれば、何度となく質問をすることができました。その際には勉強はもちろんのこと、受験生としてあるべき姿など多くのことを教わることができました。そこで教わることができた学力面と精神面など全てのことが今回の医学部合格に繋がったのだと、私は確信しています。ここには書き切れませんが、この2年間で関わっていただいた全ての先生方には感謝の言葉しかありません。目標である医学部合格という形で恩返しできたことを嬉しく思います。本当にありがとうございました。

物事に対する視野と勉強内容の幅を広げることができました

中村 優也(都城泉ヶ丘高校出身)

  • 熊本大学医学部医学科

 九州医進ゼミの先生の授業を受けることができたことは、僕にとってとてもプラスになりました。  

 英語の佐々木先生の授業では、現役の時には学んだことのない読解法で、初めて英語を解く楽しさを感じることができました。見た目はいかついですがとても面白くていい先生です。  

 生物の新里先生は驚くほどに知識が豊富で,授業もとても分かりやすいです。面倒見が良く,個別の質問でも僕が理解できるまで1つ1つ丁寧に教えてくれました。僕がこの1年間で最もお世話になった先生です。新里先生の指導を受ければ,生物が苦手な人はその苦手を克服でき,苦手でない人は生物を武器とすることができます。  

 他にも九州医進ゼミには数多くの優秀な先生がいらっしゃり,いつでも丁寧に分かりやすく教えてくれます。より多くの先生から指導を受けることで,自身の視野が広がり,勉強内容にも幅を生むことができました。それが医学部合格の大きな原因の一つになったと思います。

もっと頑張って先生の期待に応えたい

尾田 玲奈(熊本県立第二高校出身)

  • 金沢医科大学医学部医学科
  • 川崎医科大学医学部医学科
  • 愛知医科大学医学部医学科

 私は高校の頃、医学部どころか薬学部に通らないほどの成績でした。

 そんな私が医学部に合格出来た要因は3つあります。

 1つ目はわかるまで繰り返すことです。各教科でまとめノートを作成して、習熟度テストや模試の前には何度も見直しました。

 2つ目は、後悔しないように過ごすことです。私は浪人生活を2年までと決めていました。だからこの1年はきつかったです。医師への夢を諦めなければと思うと泣いてしまう日もありました。だから面談で薬学部受験の話をしたとき担任の上村先生が「薬学部を受けなくていい。医学部に合格すると思うから、薬学部に気持ちを向けてほしくない。」と言ったとき、その言葉が心に響いて、もっと頑張って先生の期待に応えたいと思いました。

 3つ目は、絶対合格したいと強く思うことです。学力同様に気持ちも大事だと思います。友達や先生、親に宣言し、常に自分に言い聞かせていました。

 九州医進ゼミで学んだ時間は、必要で大切な時間でした。本当にありがとうございました。

どんな時でも勉強の手を緩めませんでした

光岡 渚子(明善高校出身)

  • 福岡大学医学部医学科
  • 金沢医科大学医学部医学科
  • 藤田保健衛生大学医学部医学科

 去年の3月、1つも合格できなかった悔しさがとても大きく、これからの1年間に不安しかない状態で九州医進ゼミに来ました。しかし体験授業で先生がとても熱心に教えてくださる姿と医進の学習環境の良さを見て、ここなら1年間全力で頑張れるかもしれないと思い、入学を決めました。

 私は英語がとても苦手でした。今年は必ず英語を克服するためにどの教科よりも多くの時間を英語の勉強に使いました。プライドを捨てて分からないことは全て先生に質問し、何度も繰り返し復習しました。上手くいかずに、悔しい時もあったけど、泣きながらでも勉強する手は絶対止めませんでした。次第に英文が読めるようになるにつれて、自分にも少しずつ自信が持てるようになりました。

 学力的にも精神的にも大きく成長して合格できたのは、熱心に教えてくれた先生方、きついときも一緒に頑張ってきた友達、そして暖かく支えてくれた両親のおかげです。九州医進ゼミに来て本当によかった。必ず良い医者になります。

途中で諦めがちな自分を変えることができた

山下恭湖(筑陽学園高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科
  • 川崎医科大学医学部医学科

 今までの私は、何かを継続して行うことが得意ではなく、途中で諦めることも多かったし、少しでも嫌なことがあるとすぐに投げやりになっていました。だから、最初の頃は九州医進ゼミに入って勉強を続けることができるかどうか、とても不安でした。

 だけど、実際に入ってみると、どんな悩みでも先生方は聞いてくれましたし、また周りの同じ医学部を目指す友達の、勉強に対する姿勢を見ていたりすると、不安は消えて、自分の中に少しずつ変化が起こり、一生懸命に勉強に取り組むことができるようになりました。

 特に意識していたことは、わからないところがあればすぐに先生に質問すること、そして授業時間と自習時間はとにかく集中して本気で取り組むことです。そうするとびっくりするぐらい学習内容が頭に残るようになりました。

 目標の医学部に合格することができました。先生方、ありがとうございました。本当にありがとうございました。

頑固な自分を捨て,謙虚になることが大切

富樫 救(佐賀西高校出身)

  • 兵庫医科大学医学部医学科
  • 金沢医科大学医学部医学科

 九州医進ゼミでの1年間を終えて振り返ると、苦労の連続で楽しみが見出せなかった日々も、意義ある日々であったと感じられるようになりました。

 目標である医学部に合格できたのは、多くの先生が支えてくれたおかげだと思います。教科面では、数学の菊池先生に繰り返し何度も謙虚になれという言葉をいただくことで、勉強に対する自分の頑固な部分を直すことができました。また精神面では、私立大学の受験結果が思ったようにうまくいかず落ち込んでいたときに、佐々木先生に時に優しく、時に「落ち込んでばかりではなく切り換えて勉強しろ」と厳しい言葉をかけていただくことで、最後までくじけることなく戦い抜くことができました。

 最後になりましたが、塾長である佐々木先生、担任として(特に生活面で)厳しく指導して下さった富松先生をはじめ、多くの先生方には大変お世話になりました。大学では新たな気持ちで勉強し、良医になれるよう頑張りたいと思います。

医進ゼミでの生活は人生の財産になりました

本間みゆき(明善高校出身)

  • 福岡大学医学部医学科
  • 藤田保健衛生大学医学部医学科

 私は浪人生活を九州医進ゼミで過ごし、医学部合格を決めることができ、先生や親、友人に感謝の気持ちでいっぱいです。

 高校のときは模試ではE判定しか見たことがなかった私が、一年間頑張ることができたのは,その環境とスケジュールのお陰だと思います。特に、先生と生徒の距離が近く、勉強だけでなく、精神面でも支えていただいたことがとても良かったです。医学部の受験において、精神面の強化は欠かせません。最後まで諦めずに、皆ががむしゃらに頑張れる空間がありました。私はこの一年で今後においても大切な「貪欲に勉強する姿勢」を学ぶことができたと思います。

 あっという間の一年でしたが、ここでの生活は私の人生の財産です。最後になりましたが、一年間勉強面も精神面もご指導して下さった先生方、いつも優しく支えて下さった事務の先生方、本当にありがとうございました。

自分を信じて受験に臨むことが大切

秋吉 美来(筑紫女学園高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 私は九州医進ゼミの少人数授業、アットホームな環境、合格実績、そして「医学部合格へ必ず導く!」という先生方の言葉を信じ、九州医進ゼミへの入学を決めました。

 先生方の熱心な指導と質問しやすい環境のおかげで、私は苦手な英語も少しずつできる感覚を得ることができ、また得意な生物をさらに伸ばすことができました。推薦入試対策では、各科目にしっかりと対策をしていただき、また九州医進ゼミから推薦合格された方のお話を聞く機会もあり、できることはすべてした上で試験に臨むことができました。

 「自分に自信を持て!」私が一年を通して先生方に言われた言葉です。ずっと否定してきた自分が、その言葉通り、自分のことを信じて受験に臨めたからこそ、私は合格を勝ち取ることができたのだと思います。自分を信じるためには、それだけの努力が必要です。その努力ができる環境で勉強でき、同じ目標に向かって一緒に頑張る仲間でありライバルに出会えて本当によかったです。

先生の一言で不安が消えました

香月 かれん(弘学館高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 今はまだ合格した実感が湧きません。私は本当に受かったの?と親に聞きまくっています。浪人生活を通じて思ったことは、合格は一人で勝ち取るものではないということです。九州医進ゼミでの先生や友達、または家族など周りの人に恵まれていました。だからこそ、自分のためだけではなく、支えてくれる人たちのために、お母さんのためにと思うことで、勉強も率先して取り組めました。

 また合格できた要因には精神的な部分も多いと思います。受験直前は、一緒に受験する生徒の中で一番出来ていないと不安を感じ、プレッシャーに押しつぶされそうでした。そんな時に先生は言ってくれました。「何を泣いとる?不安なんか?受ける前からつまらんぞ。」今まで不安な気持ちを隠していたので、先生に言い当てられて不安が消えました。おかげですっきりした気持ちで試験本番に臨めました。  

 つらい浪人生活を支えてくれる周りの人達への感謝の気持ちが、頑張るための原動力でした。ありがとうございました。

信頼できる先生方が揃っています

原田 美紀(筑紫女学園高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 現役時代、医学部はE判定だった私がたった8カ月で久留米大学に合格できたのは九州医進ゼミに出会えたからだと思います。 九州医進ゼミには3月に春期セミナーという授業があり、高校の卒業式の2日後から始まりました。遊びたいという気持ちはとてもありましたが、そこで自分は浪人生なんだという確かな自覚が芽生え、来年は絶対に受かると心に決めることができました。 素晴らしい先生方や環境、ライバルでもある仲間たちに恵まれ、家族に支えられながら、充実した予備校生活を送ることができました。成績も徐々に上がり、特に数学は驚くくらい伸びました。復習を徹底して行い、授業で習った問題は確実に解けるようになるまで何度も解きなおし、分かるまでしつこく先生に質問できたからだと思います。

 九州医進ゼミは本当に厳しいし、あの地獄のような生活(笑)には絶対に戻りたくありません。しかしここには信頼できる先生と環境が揃っています。九州医進ゼミで浪人生活を送れて本当によかったです。

受験生としての心構えを伝えてくれたことで

モチベーションが上がりました

藤島 芳子(西南学院高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 九州医進ゼミでは、本当に朝から夜まで、そして日曜日も勉強しました。現役時代とは違って、ハードなスケジュールだったので疲れることもありました。ただ一生懸命頑張る仲間の姿を見ると、頑張らなければと励みになりました。周りの皆も同じ目標に向かって頑張っていたので、お互いに励ましながら勉強できたことは、私にとってとても良い環境でした。先生方には気軽に質問することができたし、毎日遅くまで指導してくれて本当に感謝しています。また、ホームルームでは、受験生としての心構えや医学部受験の厳しさを伝えてくれることで、合格へのモチベーションが高まりました。医学部合格を達成するには、成績を伸ばすことはもちろん、精神的な力をつけることも大事だと思いました。

 この浪人生活は大変でしたが、私にとって意味のあるものでした。この環境で勉強できたからこそ、合格を勝ちとることができたと思います。

合格のためには,要領の良さより絶対的な勉強量

家村 公太朗(真和高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 私は高校時代と以前通っていた予備校では全くといっていいほど勉強をしていませんでした。そしてもちろん学力は医学部医学科に合格できるには、かなり遠い状態であったと思います。勉強に対する熱心さに欠けていた自分にとっては、九州医進ゼミの朝9時から夜10時まで、そして土曜も日曜も行かなければいけないといったカリキュラムは本当につらいものでした。けれど続けていくうちに,勉強に対してそこまで苦ではなくなっていきました。合格した今となってはあれくらい勉強しないと合格するのはありえないんだと感じるようになりました。以前までは勉強とはいかに効率よく要領よくやるのかが大事であると思っていましたが、実際には絶対的な勉強量がいかに大事であるかがよくわかりました。  

 本当に勉強が嫌いだった自分でも、九州医進ゼミでお世話になり合格することができました。ありがとうございました。

成績が伸びないときも前向きに頑張ってきました

飯田 みずき(浜田高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 第一志望の久留米大学医学部に合格することができました。本当に嬉しいです。  

 高校では勉強しないため偏差値は40もなかったので、合格できたことは、今でも信じられません。  

 私は九州医進ゼミに入校し、勉強面だけでなく精神面でも成長できたと思います。ここでは先生と生徒との距離が近いので、分からないことや納得いかないことをその日に解決できたり、モチベーションが下がった時には悩みを聞いてアドバイスをしてくれたりと、熱意を持って向き合ってくれました。  

 また、勉強に対する取り組む姿勢が大きく変わり、できることが増えるのを日々実感できたので、模試で成績が伸びない時も前向きに頑張れたと思います。  

 浪人生活は遠回りではあったけど、人生の支えとなる経験になったと思います。私を信じて見守ってくれた家族、合格まで導いて下さった先生方、事務の方、寮食のおばちゃん、同じ目標に向かって頑張ってきた仲間、全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

苦手なことにチャレンジして克服することで

何かが変わる

植田 裕明(八女学院高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 合格発表を見にいくと自分の番号があった。嬉しいというよりも、この一年間の努力は間違いではなかったとホッとした。

 今年受かることができたのは、その日習ったものは絶対にその日理解するということを常に意識していたからだと思う。九州医進ゼミでは常に先生に質問できるのでそれをうまく利用できた。また、この一年間は苦手科目に向き合うことができた。これは決して楽な作業ではない、受験においては一番キツイかもしれない。だが、昨年の受験で総合力の大切さを痛感し、これを克服すれば何かが変わると信じて、がむしゃらにやった。

 この一年、本当に多くの方々に支えられてきました。特に先生達には合格させるために時にやさしく、時に厳しい言葉をかけ、受験に真剣に向き合うように導いてくれたことに感謝しています。そして事務の方々には精神面で支えていただきました。 最後に、浪人という決断を許し、自分の合格をここまで信じてくれた家族に感謝したい。

受動的な姿勢では,学力は向上しない

渡邉 知之(弘学館高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科

 やっと医学部に合格することができた。今までを振り返ると、この五年間は本当に長い浪人生活だったと思う。昨年までは他の予備校に所属していた。そこでの浪人生活はすべて受動的なものであり、学力は向上しなかった。だから、今年が浪人生活の最後の年と決心して、第一志望である久留米大学医学部への合格率が高い九州医進ゼミへの入学を決めた。

 入学して驚いたことは、先生と生徒の距離の近さだと思う。自分の最大の欠点は精神的な弱さである。そんな自分を常に鼓舞して支えてくれたのは担任の新里先生や塾長の佐々木先生だ。この二人の先生とはとことん話し合った。だから今まで一次試験は合格していた大学に落ちた時にもあまり動じることはなかった。それが第一志望合格につながったと思う。

 これからやっと医師になるための勉強が始まる。これまで支えてくれた家族や先生方、みんなのおかげで合格することができました。

みんなで切磋琢磨することができました

飯田 和弘(福岡大学附属大濠高校出身)

  • 近畿大学医学部医学科

 僕が九州医進ゼミに入ったのは3浪目を迎えたときでした。それまで2年間いた予備校では、成績は下の方でなかなか合格する可能性が見つからず、環境を変えようと思ったからでした。

 そんな僕がこの予備校にきて1年目で金沢医科大学と愛知医科大学の補欠合格、そして2年目で目標としてきた近畿大学医学部の正規合格までたどりつきました。

 九州医進ゼミで合格できた要因は、この予備校の素晴らしい環境にあると思います。僕はもともと周りの人達に影響を受けやすいタイプでしたが、ここで一緒に医学部を目指す友達は皆、高い志を持っていました。だから思うようにやる気が出ないときも、頑張る友達の姿に刺激を受けて、僕も頑張らなければと思うことができました。みんなで切磋琢磨し、その多くが医学部に合格するような環境はこの九州医進ゼミだけだと思います。

 最後になりましたが、2年間お世話になりました。

勉強には質も量もどちらも重要です

木附 大晴(八女高校出身)

  • 愛知医科大学医学部医学科

 九州医進ゼミでは、勉強面だけでなく精神的にもとても鍛えられたと思います。入学当初の頃は覚えていることが少なく、要領もとても悪かったのですが、根拠のない自信だけはあり、自己流の勉強ばかりを繰り返し、そのせいで成績は伸び悩んでいました。そんな時に医進の先生方に声を掛けられ、勉強の仕方を丁寧に教えてもらいました。それを実践していくと、成績は次第に伸び始めて、苦手な数学や化学は得意に、得意だった英語や生物はさらに得意になりました。勉強は量も質もどちらも重要です。質の良い勉強を数多くこなすことが成績を伸ばす近道ということです。

 また謙虚な気持ちを持つことも重要です。予習や復習をきちんとして授業に臨むことはもちろん、常に自分の分かっていないこと、理解できていないことを素直に受け止め、演習問題を解いたり、やり直したりして出来ないことを減らしたりする努力は必要だと思います。

先生方の一人一人に対する気遣いで,

不安な受験期を乗り越えられました

久富 衣璃菜(筑紫女学園高校出身)

  • 兵庫医科大学医学部医学科

 私が九州医進ゼミで過ごした一年間は、非常に充実していました。今までは、うわべだけの勉強しかしていなかったけれど、ここでは、基本から丁寧に教えてくれたので学習内容の本質まできちんと理解できるようになったと思います。また、少人数制なので、とても人見知りな性格である私でも早い時期から溶け込むことができました。先生方が一人一人を目にかけて下さり、声を掛けていただき、本当にありがたかったです。そのおかげで、今まではあまりしたことのなかった質問や相談などをすることができるようになりました。このことは、精神的に不安定になりがちな受験期ではとても大きかったと思います。 最初は、「浪人なんて・・・」と思っていましたが、今では九州医進ゼミで過ごした一年間は忘れることのできないものであり、ここで出会った仲間は皆、宝物です。本当にありがとうございました。

最後までやり通す覚悟を持つこと

白濱 翔太郎(長崎北陽台高校出身)

  • 川崎医科大学医学部医学科

 この春,目標だった医学部に合格することができました。本当にうれしかったです。九州医進ゼミに入学する際に誓ったのは,一年間通じてコンスタントに勉強をやり続けるということです。言うは易し行うは難しとはよく言ったもので,途中途中でくじけてしまう自分がいました。それでも大きく崩れることもなく一年間受験勉強を投げ出さずに努力を続けることができました。受験期に入り一次合格が続いて一年間を闘い続けた成果がここに出たと喜びに浸っていましたが,最終合格までの道筋はなかなか厳しいものがありました。

 この一年間で培った忍耐力を是非次のステージである大学生活に生かして良医を目指して頑張ろうと思います。一年間本当にありがとうございました。

まじめに頑張るだけではダメ!

強い決意が必要!!

宮前 圭佑(祐誠高校出身)

  • 川崎医科大学医学部医学科

 私は国立の他学部に一度は進学しましたが、医学部を諦めきれずに「今年こそ絶対に医学部に合格する」と心に決めて九州医進ゼミで二浪を決断しました。私は物理が苦手だったので何度も質問しましたが、先生は笑いながら「また来たのか、質問はどこ」と言って納得するまで疑問を解決して下さいました。また不安なときは、担任の先生が過去の合格者の成績と比較しながら助言してもらい、気持ちが楽になりました。私大の結果がうまくいかなかったときは、「真面目に頑張っただけで終わらせるな、踏ん張って必ず合格してこい」と励まされました。結果的には、この言葉と「今年こそ絶対に医学部に合格する」という決意で合格できたと思います。今まで私は自分に自信が持てませんでしたが、医学部合格という成功体験でやればできると自信を持つことができました。熱心に御指導下さった先生方、サポートして下さった事務の方々、そして何より、二浪を許し、支えてくれた家族には本当に感謝しています。

我流ではなく,正攻法が大切

吉村 修一(神埼高校出身)

  • 久留米大学医学部医学科
  • 北里大学医学部医学科
  • 聖マリアンナ医科大学医学部医学科

 私は前年度の受験に失敗し、今までやってきた我流の勉強法に疑いを持った。九州医進ゼミを選んだのは今までやってきた自分の感覚を一度忘れ、確かな実績を持ったプロの講師の方々のやり方に任せてみようと思ったからだ。その決断は功を奏し、第一志望合格に合格することができた。私は再受験ということもあり当初は適応できるか不安な部分もあったが先生方には私の状況をよく理解していただき、勉強のみに打ち込める環境を整えてもらったように思う。