合格システム

志望校に合格するための
大学受験科の独自入試対策。



少人数生ライブ授業
受験生にとっていい授業とは、双方向の対話ができること!

本当にいい授業というのは、『何がわかっていないのかを見極める教師の目』と、『聞くだけではなく、考え、学ぼうとする生徒の姿勢』の両方がそろったものです。100人、150人…のような大人数での授業を受けて本当に成績は伸びるのでしょうか?答えは「ノー」。また、「授業は教師の質次第」という人まかせの姿勢も同じミスを繰り返す原因のひとつです。久ゼミは、生徒一人ひとりの状況をしっかり把握し、疑問やヤル気を引き出すために「少人数」での「生ライブ」授業を展開しています。

レベル別クラス編制
選択コースだけじゃない!各科目をレベルに合わせてクラス編成!

科目に得意・不得意がなければ問題ないのですが、どの教科も同じくらいの偏差値の人はほとんどいません。苦手科目を自分の学力に合わないハイレベルな授業を受け続けても、多くの場合、基礎ができていないため成績の向上にはつながりません。全ての科目について自分に合ったレベルの授業を受講することが大切なのです。

充実の自習室
最高の自習環境⇔分からなければ質問

自学自習で予習復習を行いますが、騒がしい環境や周りに誘惑が多い場所ではなかなか集中できません。久ゼミでは受験生が最高の環境で自習し、切磋琢磨できる自習環境を提供しています。

合格支援ネットワーク
予備校生活におけるチューター(担任)の重要性

予備校生活の10カ月間はあっという間。この短期間を生徒だけで考えて勉強していくのは大変です。久ゼミでは一人のチューターが担当する生徒は約20名の少人数担当制で、生徒の出席状況や日々の学習管理はもちろん、成績状況や模試結果には表れていない学力に至るまですべてを把握します。そうすることで生徒一人ひとりに対して志望校に向けた適切な進路指導ができるのです。 予備校でのチューターは最短で的確な方向に受験生を導くいわば“羅針盤”。信頼でき頼れるチューターがいることが予備校選びのポイントです。

5種類の習熟度確認テスト
質・量ともに、他予備校を圧倒

授業の効果を最大限に高め、学力を効率よく向上させるために、久ゼミでは5種類の習熟度確認テストを実施しています。授業で得た知識や、入試必須の暗記項目などを様々な角度から繰り返しテストすることで、基礎知識の定着を促し、さらに入試実践力の養成につなげます。

週間スケジュール
合格への道のりは、日々の積み重ねから

久留米ゼミナールでは、規則正しい生活を自己管理し、生活や勉強のリズムを整えることが合格のための基盤であると考えています。全体時間割をもとに、一人ひとりの時間割をカスタマイズ。