よくある質問

予備校や講座や受験勉強について
ご質問にお答えします。

学習に関して
Q. 授業はレベルごとにいくつかあるようですが、後から変更することは可能ですか?
A. 可能です。
成績を参考に、レベルアップできた生徒はさらに上級クラスへ、基礎ができていない生徒は基礎クラスへの変更が可能です。いずれの場合も、授業担当の先生と生徒さんの意見から、ベストな状況を総合して判断します。担任からのアドバイスも含め、相談の上での変更となります。

Q. 授業で分からなかったところは、後から授業の先生に質問できますか?
A. もちろんできます。
少人数制の授業なので授業中でも質問は可能ですが、さらに質問がある場合は、授業担当の先生が質問に応じます。質問時に習熟度に応じて添削、勉強方法のアドバイスも行っていますので、どんどん質問に行きましょう。

Q. どの授業を受けたらよいかわかりません。
A. チューター(担任)に任せてください。
進路・現在の成績から何を中心に勉強すべきか、どの授業を選択すべきかなど、毎年多くの生徒を合格に導いてきた教師陣にお任せ下さい。的確なアドバイスをしていきます。授業以外のどんな小さいことでもどんどん相談してください。
Q. 私が受ける大学はあまり受験者がいないようですが、2次対策はしてもらえますか?
A. 希望者1名でも実施します!
久ゼミでは、どの大学でも希望者数に関係なく2次試験対策を実施します。2次試験は思考力の育成や、点数につながる解答を作成する記述力などが必要ですので、添削をしながらほぼマンツーマンで徹底的に指導します。
Q. 自習室は使えますか?
A. 毎日利用可能です。
平日・土曜8:00〜22:00、日祝日9:00〜18:00に利用できます。家での学習はどうしても誘惑に負けてしまい、失敗してしまったという経験も少なくないはず。19:30以降は自習室に監督がついていますので、常に緊張感があり、周りの雰囲気に良い刺激を受け学習意欲が高まります。また、疑問が生じた場合は、いつでも職員室で質問ができるのも久ゼミ自習室の最大の利点です。
Q. 英語のリスニング力をアップさせるには音読することがいいのは知っていますが、自習室で音読をしてもいいのですか?
A. 音読自習室があります。

夕方の時間帯には音読専用の自習室を設けています。この教室は、日々の授業や、早朝リスニングで取り扱った教材を音読し、復習につなげるための教室です。音読で英文を体にしみこませることで、さらに語句整序や英作文の得点アップにもつながりますので、音読自習室でどんどん音読していきましょう。

 

AO入試・推薦入試に関して
Q. AOや推薦入試等の対策はしてもらえますか?
A. エントリーシートの記入から面接までしっかり指導します!
最近では様々な推薦入試の形が増えてきています。一般入試に比べて科目数も少なく、小論文・面接だけのところも少なくありません。そのため十分な対策をとる必要があります。久ゼミでは、エントリ−シ−トの記入時に志望動機を生徒と一緒にしっかり練り上げ、書類審査段階から万全の対策を行います。また面接を何度も繰り返し行うことで、自信を持って本番に臨めます。
Q. 口頭試問が面接の中にあるようですが、面接が不安です。
A. 面接指導もしっかり行います。

面接にも色々な形があります。各大学の面接内容(テ−マ、個人面接かグループ面接か)を把握し、事前の想定問答を練習するか否かで、結果に大きな差が出てきます。各分野の口頭試問を想定し、模擬面接官の厳しい指摘を受けてこそ推薦合格が手にできるのです。面接の形式に合わせて面接指導は行っていきますので、安心してご相談ください。

 

実業高校・社会人からの入試
Q. 子供が実業高校に通っていますが、大学進学を目指そうとしています。学校では進学指導も受験情報も全くなく、どうしたら良いかわかりません。
A. 一人ひとりに応じた進路指導や勉強法を提案いたします。

高専、実業高校に通っている生徒さんが大学受験をされる際、受験情報がなく、また学力についての不安も多いと思います。久ゼミでは1人ひとりを大切にすることが基本なので、個々の生徒さんの状況に応じて進路相談から勉強の仕方まで丁寧に指導します。まずは一度ご相談下さい。

Q. 現在社会人ですが、どうしても志望の分野に進みたくて、再度大学を受験することにしました。ブランクを考えると不安がありますが、授業についていけるでしょうか?
A. 再チャレンジが増えています。

最近の傾向の一つとして社会人からの転身、通っていた大学を辞め、再チャレンジをする人が増えています。ブランクが長いほど不安も多いのですが、社会経験があるだけに飲み込みがよく、目標が明確なので、急激に伸びる人も少なくありません。授業、進路指導の両方をこなすチューターが学力、精神面の二つを支えます。

Q. 通信制の学校に通っている、または、働きながらのため、出席できない日があるのですが・・・。
A. チューター(担任)と一緒にスケジュールを組みましょう。

受けられない授業の代わりに演習ゼミを受けることや、夜に実施されている講座を受けるなど、対応策をアドバイスしていきます。また、受けられない授業の担当教師と本人とチュ−タ−の3人で、出席できない代わりに何をしていくかを話し合い、質問や添削の日時を設定するなど、色々な対策が可能ですので、まずはあきらめずご相談ください。