国公立大コース

全国トップレベルの国公立合格率!
福岡、熊本、佐賀、地元にも強い。

豊富な量のセンター対策授業でセンター得点アップ!
大学別の2次対策と合わせ、合格率85%を生み出します。

国公立大学の入試の現状とその対策

国公立大学の定員は全国総数で約10万人に対し、国公立大学の出願者数は約30万人と、合格率は全国平均で約34%となっています。こうした入試状況において国公立大学に合格するには綿密な学習計画を立てて勉強する必要があります。久ゼミでは国公立大学の志望者の内、80%以上の人間が国公立大学へ合格していきます。なぜこれほど高い合格率を維持できるのでしょうか。これにはまず少人数制であることがあげられます。少人数であるからこそ、教師が一人ひとりに十分に接することができ、最適なカリキュラムを考え、その人の能力、点数を最大限に伸ばすことを可能にします。センター試験での点数で考えると、中には200点以上伸びる人もいます。この人たちはどういう勉強をしているのでしょうか。伸びる生徒は自分に足りないところはどの部分であるかを理解し、その部分を「分かって」いくことがメインになってくると思います。一般的な受験生にとって難しいことができるようになるよりも、できなかったことを一つ一つ丁寧にやっていく生徒です。また、分かってくると勉強がどんどん楽しくなってきます。この楽しさを味わってもらうために、授業やその後のフォローを含め生徒が納得いくまで教えていきます。

国公立大学の入試の現状とその対策

国公立大学に合格するためにはセンター試験で最低でも6割、学部学科によっては8〜9割の得点率が必要になります。どうすれば目標点に到達できるか、センター試験で点数を取るポイントは人によって変わりますが、基礎的内容が大事であることは共通します。実は、センター試験の点数を伸ばすには形式に慣れることが一番即効性のある対処法です。つまり問題の解き方を少し手ほどきしてもらい、あとはセンター試験の過去問または実戦問題集を使って数多くの問題を解くと点数は伸びます。ただし、これには落とし穴があります。この“伸び”は「基礎となるしっかりとした土台」ができていなければ“期待するほど”の伸びにはならないからです。久ゼミでは、基本事項の確認から授業がスタートします。そして授業+演習+確認テストの組み合わせ。各種の確認テストなどで、理解度を常にチェックし、演習が足りていないと思われる生徒には演習ゼミに参加してもらい、徹底した基礎固めをしてもらいます。一つ一つの事柄の理解を深め、問題にその知識を当てはめる作業を反復練習させていきます。さらにセンター試験で高得点をとるために、後期からはセンター形式の問題を扱う授業が入ってきます。今までに蓄えられた基礎力を開花させるべく、問題の解き方をレベル別に習得させていきます。ここでは、センター試験独特の解き方も出てきます。センター試験が時間との勝負である以上、それに対応するためのテクニックは必要です。冬期実践期には「時間の使い方」を学習していきます。また、センター対策ゼミや模試、実践テストなどで数多くの練習もこなしていきます。演習量の多さも実際に点数を稼ぐ意味では大きなポイントになっています。

 

国公立大学の入試の現状とその対策

センター試験で点数が取れても、2次試験の点数も確保しないと合格はできません。特に2次試験を重視する大学では、勝負できるだけの実力をつける必要があります。ただし、過去問で出ているからといって、その知識が必要とは限りません。場合によっては「この問題はみんな解けない」と悟って流しておくことも重要です。あくまで合格ラインを意識した勉強をしていくことです。久ゼミでは授業の講師がそのまま担任を持つので志望校と現在の学力との距離を常に念頭に置いた指導をしています。さらに、センター試験後の直前期では生徒一人ひとりの出願先に合わせて大学別に講座を開講し、指導を行っていきます。さらには面接対策なども個別で対応しています。

 


一年間があっという間だった

古賀 彩音(八女学院高校出身)

大阪府立大学 地域保健学部 看護学科

 私は、大阪府立大学に進学したくて久ゼミでもう一年、頑張ることに決めました。最初の頃は、模試で昨年と比べると成績が上がった時は嬉しかったですが、伸び悩んだ時は、一緒に頑張っている仲間と励まし合いながら頑張りました。センター試験後は、大学別の2次対策があり、大阪府立大学専用の授業をマンツーマンで指導してくださった先生方のおかげで、落ち着いて2次試験を受けることができて合格することができました。浪人生活はあっという間の一年間でした。久ゼミで必死に一年間頑張ってきて本当に良かったです。ありがとうございました。
>>国公立大コース合格体験談のページ

苦手科目克服は、納得するまで先生に質問すること

翁 慶行(祐誠高校出身)

広島大学 経済学部 経済学科

 現役の時に満足できる結果ではなかったので、久ゼミで浪人を決めました。日々の予習・復習をしっかりとこなしていくと少しずつ力がついていく感覚がありました。自分は数学が苦手科目だったので、納得できるまで先生に質問に行き、徐々に苦手意識を取り除きました。一年間の浪人生活を乗り切れたのは、チューターの先生と、周りにいる志を持った友人たちに恵まれたからです。毎週1回の2者面談で、何をどのように勉強するのかを担任の先生と話し合い、あまり勉強する気分になれない日でも、自習室にいる仲間の姿を見ると「負けられない!」とやる気になれました。国立大に合格できたのは、久ゼミの先生方と周りの仲間のおかげだと思います。ありがとうございました。
>>国公立大コース合格体験談のページ

先生との距離が近いので、積極的に質問できた

野口 岳寛(朝倉高校出身)

長崎大学 経済学部 経済学科

 久ゼミに入って良かった点は、生徒と先生方の距離がすごく近いところだと思います。久ゼミの先生方は、人見知りな自分でも気さくに質問に対応してくださいました。質問して、自分がわからない部分を教えていただき、理解することは大事なことです。質問しづらい、何を質問すればよいかわからない、変な質問をしていないか等を考える人もいるかもしれませんが、勇気をもってどんどん職員室に質問してください。必ず、久ゼミの先生方は質問に応えてくださいます。長崎大に合格できたのも、一年間面倒をみていただいたチューターの先生をはじめ、各教科の先生方のご指導のおかげです。本当にお世話になりました。
>>国公立大コース合格体験談のページ